加齢にともなう尿もれ、頻尿問題①

P&Gジャパンが昨年行った女性の尿もれ問題に関する大調査の結果、意外なことがわかりました。 対象は20代~60代の日本女性4万人。 尿もれ(尿失禁)は、一般的に高齢者か、妊娠中や出産直後の妊婦さんの問題と捉えられていましたが、調査結果では、20代以上の2人に1人以上の女性が尿もれ経験があることがわかりました(20~60代全体で63.7%)。 内訳は、20代→57.1%、30代→64.4%、40代→64.0%、50代→64.8%、60代→66.2%。 70代や80代のデータはありませんが、割合は増加していると推察できますが、この調査結果から、尿もれが必ずしも高齢者や妊婦さんだけではないことがわかったのです。 そのうちの6割の女性が誰にも相談していないことも判明しました。 ここで改めて考えてみましょう。 もともと、女性は尿道が短いので、男性に比べると「もれやすい」構造になっています。 男性の尿道は、尿だけでなく精液の通路にもなっており、長さは20cmほど。 出口は前立腺で囲まれていてL字型に曲がっています。 一方、女性の尿道は4cmしかなく、まっすぐ外に向かっています。 しかも、骨盤内の臓器を支えている骨盤底が出産によって傷みやすかったり、加齢による筋力の低下、脳神経の障がいによってダメージを受けやすいため、尿もれしやすい体の構造になっています。 尿もれは、決して恥ずかしいことではなく、女性であれば当たり前のこととして前向きに対処していくことが大切です。 また、尿もれまではいかなくても、頻尿で悩んでいる人も少なくありません。 一般的な頻尿の定義は、朝起きてから就寝までの排尿回数が8

8月のコミュニティクラス

東京は新型コロナウィルスの感染者の増加が収まらず、本日は293人と発表されました。 例のGo Toキャンペーンは東京のみ除外となり、私たちはまたしばらくの間、自宅でのおこもり生活が続きそうです。 感染を避けるためには不要不急の外出を避け、おとなしくしていないと不安な反面、家で静かに過ごすことは別のリスクを伴います。 動かない生活、息をひそめる生活は、私たちの体に必要な循環を停滞させます。 使わない筋肉は弱くなり、関節も固まってしまいますから、やはり体のメンテナンスを定期的に行うことは、人生の後半を歩んでいる私たちにとっては、とりわけ大切なことです。 M’sの目黒コミュニティクラスは、6月後半からレッスンを再開しています。 3密を避けるために、重い二重扉を開放し、扇風機を設置。 空気がこもらないように工夫しながら、定員数も減らして行っています。 マットの消毒、手指の消毒もできるようにして、マスク着用にてのレッスンです。 皆さんとコロナ関連も含めた生活の情報交換をしたりして、これまで以上に和気あいあいのヨガタイムになっています。 そうは言っても、さまざまな事情でレッスンに出向くのが大変な方もいらっしゃいます。 そういう方にもM'sが大切に思っているセルフメンテナンスが自宅でできるように、7月から毎週木曜日の午後のオンラインヨガも始まりました。 8月からは月1回の夜ヨガリラクゼーションが始まります。 第4金曜日の21時から45分間、お布団の上でもできるヨガタイム。 質の良い睡眠に導くためのストレッチやセルフマッサージ、陰ヨガの動きなども取り入れて、身体・心・脳の緊張をゆるめます。 1

体に滞っている水分を排出するには?

6月から7月にかけての梅雨どきの日本は、暑さもさることながら、高い湿度に悩まされます。 毎年のことですが、今年はとりわけコロナの影響で家にいることが多いせいなのか、年齢のせいもあるのか、鬱陶しい気分が体にこたえるなぁと感じるのは私だけでしょうか。 M'sのヨガは、インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」や中医学の「陰陽五行説」の考え方も取り入れて、毎年、この時期に合わせた体のメンテナンスを行うようにしています。 アーユルヴェーダでは、今の時期は水のエネルギーが強くなって、火のエネルギー(消化力)が落ちる時期です。 中医学では「長夏」と言って、湿の影響が大きい時期。 日本では梅雨や秋の長雨に当たり、湿は邪気となって体にさまざまな症状を引き起こします。頭や体は重だるくなり、手足のむくみや冷えが生じ、消化機能を低下させます。 どちらも数千年前から受け継がれ、つながっている東洋の考え方で、ヨガとも深いつながりがあるのです。 今年も「目黒コミュニティクラスのシニアヨガ」、7月から始まった「シニアのためのオンラインヨガ」のクラスでは、体に「水」が滞りやすく、体の中の老廃物を排出する機能が低下している状態から少しでも楽になれるように、水の排出を促すようなプログラムを組み立てています。 ポイントは、つまりを防ぎ、血流やリンパの流れを促して代謝をよくすること。 そのためにさまざまなアプローチをしますが、ここではレッスンに参加しなくても、隙間時間にできる簡単な手法をご紹介しましょう。 <足からのアプローチ> ●ツボ押し 湧泉と三陰交 湧泉は全身のツボで、下半身の疲労回復に効果があるだけでなく、全身のめ

​© 2023 by Yoga by the Sea. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now