あけましておめでとうございます

最終更新: 1月7日

コロナ感染者が激増し、自粛ムードが漂う中での年明けとなりました。

皆さま、おそらくご自宅でお正月をお祝いしたことと思います。


私自身の年の瀬は、93歳の母の施設に通うことと、最低限の大掃除や年越しの準備に追われて過ごしました。

コロナ禍に老衰が進んで、10月より終末期のターミナルケアになっている母は、面会が許されるようになってから、ほんの少しですが持ち直しています。

かつては、車椅子に乗せても上半身の姿勢が安定せず、うなだれ、目を閉じたままの状態で、ムース食の食事が1割も食べられない状態でした。

施設の近くに住む兄は、以来3ヶ月毎日、昼食か夕食の食事の介助に通っています。

とてもありがたく、頭が下がる思いです。

私は、残念ながら3~4日に1度しか行けません。それほど近くないことと、東京からの公共交通機関利用を控えなくてはいけないからです。

面会時は主に体のめぐりを促すためにアロママッサージを続けています。もちろん、食事あるいはおやつの介助もします。

兄の努力の甲斐があって、それほど多くはありませんが、平均して5割近く食べられるようになっています。

認知機能は衰えていますから、新しい記憶は積み重なっていきませんが、昔の記憶はしっかりしています。目を開けられる時間も増え、イエス・ノーの意思疎通ができるほど、脳の働きもしっかりしてきました。

何か聞くと応えようとはします。声がそれなりに出せる日とうなずきで応える日は半々くらいです。

アロマのマッサージも決して無駄ではないと、ひそかに手応えを感じています。


このような危うい状態ではありますが、母が無事に年を越せたことにひと安心して、わが家も家族だけの静かな年越しができました。


さて、個人的な話はこのくらいにして、世の中の動きが緊急事態宣言の発令に向かっています。現時点(6日午前中)では、7日に発令して、9日から約1か月との情報です。

宣言の内容によっては、コミュニティクラスの9日以降のクラスが開催できない可能性もあります。

随時このサイトにて、変更があり次第お知らせいたします。7日のシニアヨガクラスは実施いたします。

また、毎週木曜日の午後2時からの「シニアのためのオンラオンヨガ」は続ける予定ですので、初めての方でも、いつでもご参加できるように対応いたします。


これから更なる自粛生活が続きそうです。

ステイホームは、身体を動かす機会を減らすことにつながります。

今こそ、全身を整え、気持ちを落ち着かせてくれるヨガは役に立つと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


先ほど、母のアロママッサージの話をしました。もう少し詳しく、次回のブログでは「認知症がアロマで予防できるか?」というお話を何回かに分けてご紹介します。


※ちなみに、写真は、昨年大みそかの午後、母の施設に向かう途中、第3京浜を走る車からの空です。




50回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示