久しぶりに「セルフケア通信⑱」発行!

更新日:4月24日

このWEBサイトを作る前、会員の皆さまとのコミュニケーション手段はメールと電話、FAX、郵送のお手紙でした。

「セルフケアヨガ工房」の時代から通して計17通の「セルフケア通信」を発行し、数カ月に一度の割合で、スケジュール表と共に郵送しておりました。

WEBサイトを公開してからは、毎月のスケジュールや情報をブログにアップすることでお知らせできるようになり、通信の発行がめっきり減っておりました。

今回、ご住所を把握している会員の皆さま全員に、2年ぶりの通信18号を発送しました。

この通信の裏面には、5月6月のコミュニティクラスのスケジュールが印刷されています。


加えて、新たに5月より始動いたします「シニアピラティス」のチラシも同封しました。

皆さまに新しいレッスンを知っていただきたいと思ったからです。

このクラスは、ヨガではなくピラティスのレッスンです。


ピラティスは、ドイツ人のジョゼフ・H・ピラティス氏が第一次世界大戦で負傷した兵士のリハビリのために開発しました。


体の深層部にあるインナーマッスルを強化し、体全体のバランスを整えるためのエクササイズです。続けることで背筋が伸びた美しい姿勢としなやかな身のこなし、疲れにくい体が獲得できます。


エムズで行うシニアピラティスは、通常のスタジオで行われているピラティスとも少し異なっています。もちろん、ベーシックなプログラムを基本にはしていますが、テンポをゆっくりにしつつ、シニアにとって必要な要素を加味し、安全に行えるような配慮を施したものです。

英国に本部を置く「ボディコントロールピラティス」が私たちシニアにも配慮して開発した最新メソッドが組み込まれています。

激しい運動が難しい方、体が硬くて胡坐座や正座がつらい方でもできるのが魅力です。

これまで行っていた「体幹エクササイズ」の内容と「シニアピラティス」のメソッドを組み合わせてレッスンを進めていく予定にしております。


そして、今回始めるシニアピラティスには、もう一つ仕掛けがあります。

とにかく地味な動きですが、筋肉が弱りがちなシニア世代にはとても大切なトレーニング。それを一人で続けることが最も大変なのです。

そこで、各回の参加者には60分のレッスンから抜粋した自宅レッスン用の10分程度のユーチューブ動画をプレゼントします(7日間視聴可能)。

毎日何回でも行うもよし、二日に1回でもよし、とにかく自宅でも続けて行ってもらいたいとの願いを込めてのプレゼント。トレーニングは、誰かと一緒に行う方が確実に継続できるからです。


これを機に運動習慣をつけることができればと思い、今回、エムズが独自に企画いたしました。もしよろしければ、お知り合いの方にもご紹介いただければ嬉しいです。PCもしくはスマホなどを使える環境にある方なら視聴できます。


伸縮性のある布を巻き付けて行うストレッチーズエクササイズも復活しております。

このツールも、目的はシニアピラティスと同じです。

ヨガの動きとも組み合わせたレッスンで、シニア世代に必要な体幹と骨の強化、関節可動域を広げる効果が期待できます。

まだ講師がそれほど多くありませんので、エムズならではのレッスンです。


また、オンラインクラスも継続しやすい仕組みになっております。

毎週木曜日14:00~の「シニアのためのオンラインヨガ」に加え、月に1度は、バランスボールもしくはストレッチーズの60分クラスを開催しています。

遠方の方も、オンラインなら気軽に受けられます。

全国どこからでも参加できるのがオンラインならではの魅力です。各地のお天気の話で盛り上がることもありますよ。


ストレッチーズ対面クラス、オンラインの各クラスも、よろしければ何かのついでに、お知り合いでご興味のある方にご紹介くだされば助かります。


このブログを読んでくださった方で、今週初めまでにお手紙が届いていない場合は、メールにてご住所をお知らせくだされば郵送いたします。




※写真は、皆さんに送ったピラティス用チラシとコミュニティクラスの掲示用ポスター(こちらは郵送していません)。どちらも余り分があります。必要な方はお知らせくだされば郵送いたします。

※チラシよりコードスキャンでメール、HPのトップ画面、ブログ画面が出ますので、ご利用ください。






閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示