宣言後もコミュニティクラス実施!!

とうとう、7月12日に4度目の緊急事態宣言が発令されます。

今回は8月22日までの42日間と期間も長く、ようやく6月下旬から再開したコミュニティクラスはどうなることかと、一時は絶望的になりました。


ご安心ください。

今回は、日中に限りますが施設の使用はOKとなりました。

スケジュール通りにレッスンは実施いたしますので、皆さまをお待ちしております。



会員の皆さまも含め、今、私の周りにはご親戚も含め、ご身内の介護等のサポートをしている方がたくさんおられます。

高齢化社会になりましたから、年齢的にそういった役割を担う世代でもあります。


私は、40歳代で夫の祖母と実父と義母を見送り、50歳を過ぎて義父を、そして60代でつい最近実母を見送りました。


介護保険制度が途中から始まりましたが、当初は使う側も提供する側も互いに不慣れなことで起きる行き違いやトラブルなどが多かったように思います。

社会的な介護に対する世間の偏見もありました。


20年が過ぎ、制度は数年ごとに改良されて、最近のシステムは非常に使いやすくなりました。デイケアやショートステイ、ホーム等の介護レベルも上がり、充実度が格段と増しているように感じます。


介護されるご本人のためはもちろんのこと、お世話を担う家族の負担を軽くしてくれるサポートを考えてくれます。


ただし、現在のコロナ禍では、施設を使う場合の面会制限には厳しいものがあります。

昨年は、私自身も胸を痛めましたが、そればかりは仕方ありませんね。


これまでの体験から、今、介護を担っている方々に伝えたいことがあります。

自分自身のケアのための時間を空けることが、とても大切です。

周りのしがらみを忘れて、自分のために過ごせる時間をもちましょう。

美味しい物を食べたり、好きなことをしたり、身近なものでもいいので自然に触れたり…etc.


もちろん、ヨガもそのひとつです。大切な自分の心と体を労わってあげてくださいね。




47回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示