日本海に抱かれた五能線の旅

更新日:3月22日

大自然の圧倒的なスケールに包まれると、人は癒されます。

何に癒されるかは、その人の感性や経験値にもよりますね。


例えば……。

山の頂上から壮大な景色を眺め、深呼吸する。

目の前に何も遮るものがない大平原からの地平線や、大海原からの水平線と空の景色。

運よく日の出や日の入りに出会えると、感動で目が潤むこともあります。


あるいは、広い野原に寝転がって、青い空と雲を眺める。

夜の暗闇の中で、無数の星を眺め、宇宙を感じる。

深~い森の中で、五感を研ぎ澄ます感覚……。

冬の銀世界、霧氷、ダイヤモンドダストの静けさ……。


どれも素晴らしいですが、私は癒しを求めるなら、海に向かうタイプです。


穏やかな瀬戸内の海と、父のふるさと山陰の少し荒い紺碧の海が好きです。

東北三陸地方のリアス式海岸も、滋味あふれる豊かな海で、とても魅かれました。

もちろん、沖縄や南の島の珊瑚礁のエメラルドグリーンも忘れられません。

いつかは行きたいと思っていたのが、東北の日本海側。


コロナ感染が減少している今がチャンスと思い、

以前から行きたかったローカル線乗り鉄の旅に出ました。

目的は二つ。

日本海の海沿いを走る五能線(青森・五所川原ー秋田・能代間)に乗って、ひたすら海を眺めたい。

久しぶりに大好きな温泉を堪能したい。

これだけです。


上越新幹線に乗って新潟へ。

羽越線に乗り換えて、ここから日本海を北上する旅です。

初日は山形の湯野浜温泉で一泊。

翌日は鶴岡から奥羽本線を経由して、五能線に乗り入れます。

お天気には恵まれず、雨、みぞれ、あられ、時々日が射すという感じでしょうか。

それでも、波打ち際を走る五能線から白い波しぶきが立つ海を眺めると、

コロナ禍での閉塞感や、もろもろのストレスで疲れた心を洗い流してくれます。


二泊目は青森の北端に近い深浦近くまで北上し、絶景露天風呂で有名な不老ふ死温泉へ。


念願の、海岸と一体化した野趣あふれる露天風呂にチャレンジです。

女性は湯あみ着を着用できます。

どちらかと言えば、混浴よりも、みぞれの中でお風呂までの50メートル往復がチャレンジなのです(運よく虹がかかった写真を部屋からパシャリ。写真左下が露天風呂)。

波打ち際の露天からの景色は、まさに遮るものが何もない絶景です。

真っ白いしぶきが立つ荒波の海と一体化したような感覚。

顔は寒いけれど、体は染み渡るように温かい。

目の前では、渡り鳥が波間で羽を休めています。

非日常で、とても不思議な気分でした。




ヨガでは、人間をひとつの小宇宙であるととらえます。

そして、小宇宙(内側の本質)が大宇宙(神の意識)と一体化した時、サマーディ(三昧、悟り、解脱)に到達できると言われています。

修行者はそれを目指して、ヨガや瞑想の修行をしてきました。


そのような凄い修行とはまったく別物ではありますが、大自然に包まれると、自分という小宇宙を感じることができます。

一体化したような感覚を味わった時、自分が日々悩んだり気にしたりしていることが、この大いなる自然の営みから見ると、いかにちっぽけなものであるか。

そんなことはどうでもよくなり、ひたすら今ここにいる自分を味わいたいと思います。


今回は、海と温泉が、自分の中にたまっていたサビを洗い流してくれる旅になりました。


あなたを包み、癒してくれる大自然はどんなところでしょうか?

わざわざ遠い所に行かなくても、ふと空を見上げたり、日の出日の入りを見つめるだけで、胸の中のもやもやがスーッと晴れることもありますね。

自分自身も自然の中の一部、そのままでいいのです。


※写真は順に、ほんの一瞬虹がかかった不老ふ死温泉からの海、写真NGでしたので絵葉書から撮った露天風呂の写真、五能線から再び見えた虹と日本海の荒波。

閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示