top of page

春はあけぼの…①

更新日:2023年3月4日

3月1日の朝は、いつもより早く目覚めました。


今年の初めごろから家の一番てっぺんにあるロフトを寝室にしています。

暖気が上に上がって、家の中でもっとも暖かいからです。

ルーフバルコニーとつながっていて、西側の窓を開けると遠くに富士山が一望できます。

わが家で最も贅沢な空間です。


6時前くらいでしょうか。夢うつつで布団の中から窓の外を眺めると、空がきれいなピンク色に染まっていました。

外に出て、夕焼けとは少し異なる色合いの空と、遠くにそびえる富士山の美しさに見とれながら3月初めの朝を迎えました。


「春はあけぼの。やうやうしろくなりゆく山ぎは、すこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる」

清少納言の枕草子の一文、ここだけ憶えているなぁなどと思いながら、しばらく色の変化を楽しみました。


立春が過ぎたとは言え寒さが身に沁みる2月を我慢して、ようやく昨日くらいから暖かくなりました。

3月6日は啓蟄(けいちつ)で、土の中の虫たちが地上に這い出してくる季節。

いよいよ本格的な春の訪れを感じます。


漢方の古典「黄帝内経(こうていだいけい)」では、春は花や草木が芽吹き、それまで静かにしていた動物や昆虫が外に飛び出し、自然のすべてが活き活きとエネルギーを発散する季節です。

日の出とともに自然の陽気が動き始めます。

この時期はできるだけ朝早く起きて、エネルギーを引き出すような生活をしましょう。

冬に溜め込んだいらない老廃物を排出するためです。

体はそれらの老廃物を排出しようとする生命活動が活発になります。

かゆみや吹き出物が出たり、むくみやだるさを感じることもありますが、体を積極的に動かしてデトックスすることが大切です。


<春こそ自分メイドの朝活を―キーワードはすっきり・さっぱり>


早起きは三文の徳と言いますが、超夜型人間で働き者ではなかった私の朝はダラダラ過ごしていた期間が長かったです。

年齢を重ねるにつれて少しずつ変わり、コロナ以降は起床後すぐの朝活が日常になっています。

比較的目覚めはよく、朝に強い私が実践している今年の朝活を箇条書きしましょう。



●白湯を飲む

●花見ウォーキング

●朝日を浴びて軽いストレッチ

●オイルプリング

●フローリングワイパーで掃除

●室内外の植物の水やりと水替え


花見ウォーキングとオイルプリング以外は、春とは言わず、昨年暮れから続けている朝活です。冬にお休みしていた2つを加えたので、2月末からは結構忙しい。

ウォーキングは数日に一度程度で良しとして、掃除と植物の世話も毎日やりますが、全部ではなく各部屋ローテーションで(リビングだけ毎日)。


これらを起床後すぐにやるのはなぜか?

とても気持ちよくて、心がすっきり・さっぱりするからです。

特に掃除と水耕栽培の水替えが目からウロコでした。


ヨガ哲学では「ヤマ(禁戒)、ニヤマ(勧戒)」と言って、ヨガを行じる上でベースとなる心がけのようなものがそれぞれに5つずつ示されています。

それぞれの意味合いが深いので、詳細はまた別の機会のブログテーマにするとして、常日頃、私が肝に銘じているのは、「アヒンサー(非暴力)、サティア(嘘をつかない)、サントーシャ(知足)」です。


ニヤマのひとつに「サティア(清浄)」があります。

自分の体や着るものをきれいに保つのは当たり前として、掃除に関しては、私は「ゴミでは死なない」と言ったり、四角いところを丸く掃いてOKな、大雑把タイプでした。

その分、食に力を入れてきました。

それが変わったのは、昨年暮れに行った床のワックスがけがきっかけです。

ピカピカになった木目の美しさを保ちたいがために、毎日行うようになったフローリングワイパーの掃除が、続けるうちに心もすっきりして清涼感につながることがわかったのです。

同じように、10鉢以上ある水耕栽培も、まめに水をきれいに替えることで根を白く保ち、気持ちが晴れることを実感しました。

朝活をやると、1日の始まりが気持ちよくスタートできます。


オイルプリングについては、3年前の4/27と5/1のブログでご紹介しました。

なぜか多くの方に読まれている記事で、アーユルヴェーダで伝わる健康法です。

この時期に起こしやすいトラブルを予防し、免疫力を高め、口の中をさっぱりしてくれたり、口腔の運動としても効果があると感じています(ただし科学的なエビデンスは出ていません)。


ストレッチは、朝陽が当たるベランダに出て10分弱くらい行います。

紫外線を浴びることで、12〜14時間後の睡眠中の骨形成を促すこと、ストレッチで体を伸ばすしたり温めたりすることのダブル効果が期待できます(2020.11/16骨活のすすめ②)。


すっきり感、さっぱり感は人によって様々です。

朝はお洗濯から…もいいですね。

自分が気持ちよくなれることと体をしっかりと使うことを、春は1日のスタートにお勧めします。


※写真は3/1 朝6時と7時過ぎの自宅からの富士山

下は2/25 林試の森公園の河津桜



閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page