top of page

穂高でいのちの洗濯①

ホリスティックリトリート穂高養生園。

昨年に引き続き、今年も静養してきました。


せかせかと追い立てられるような都会の暮らしから、この地に着くと時間の流れが変わるように感じます。

doからbeへ。何をするでもなく、ただ居るだけで気持ちがゆったりする場所です。

この地の豊かな自然に触れると、自分が自然の一部なのだと感じられます。


着いた初日にちょっとした事件がありました。

野生の猿たちとの遭遇です。

通る道を塞がれて怖かったとスタッフさんに話すと、「猿も生きるのに一生懸命ですからね」と言われました。

人間目線でしか見れない自分にハッとしました。そう、お猿さんも生きるのに必死なのです。

この日は園内のハーブ園にもたくさんいて、実なのか葉っぱなのか一生懸命食べていました。

猿は目を合わせなければ大丈夫と言われ、次第に目も慣れてきます。

3日間のトータルで十数匹と遭遇しましたが「生きるのに一生懸命なのよね」と感じることで、いてもやり過ごすことができるようになりました。


今年の滞在は、森の散歩で水辺に行きたいという希望と、腰を傷めたことによる体の歪みケアをする目的がありました。

プライベートリバーと言われる穂高川の水辺は意外に近くにあり、思わず涼を求めて水遊び。カラッとはしていますが穂高も暑さは厳しく、有明山神社の滝とプライベートリバーで過ごしたひとときはとても気持ちよく、癒されました。

心と体のケアについては、不思議なセラピー体験をしたので、次回でお話しします。

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page