3月のコミュニティクラス

最終更新: 3月2日

緊急事態宣言は1か月延長となり、3月7日まで続くことになりました。

自粛生活が長くなっていますが、皆さまはどのようにお過ごしですか?


巣ごもり生活による閉塞感で、ときどき気持ちが滅入るような日はありませんか?

私自身も、いつもではないですが、気分が晴れない時間を過ごすことがあります。

「今、ちょっと落ちているなぁ」と感じます。

そこはヨガ講師であり、感情トレーニングの講師でもありますから、気持ちを客観視します。

今どんな気もちなのか?

時には漠然とした寂しさだったり(母に会いたい気持ちかな)、もっと母にこうしてあげればよかったなぁという後悔だったり、毎日食事を作ることに追われる疲労感だったり、このままこの生活が日常になってしまうことの不安だったり……。

1年になる自粛生活の疲れと、大切な人を亡くした後の虚無感や無力感が混ざり合っている感じがします。


「そうなんだよねぇ」と気持ちを味わいながら、家族に話したり、友人に話したり、ここに書いたりして吐き出します。

少しスッキリします。

「こんな時もあるよねぇ」と受け入れ、自然に湧き出るネガティブな気持ちを否定しないことが大切なのです。


その後は、自分にとっての「ほっこり」や「ワクワク」を探します。

私の「ほっこり」は、やはりわが家のペットのオカメインコ。

撫でても気持ち良いので、彼と一緒の時間で気持ちが和みます。

そして、もうひとつはヨガの時間です。

体が解放されることで、心も解放されます。

こんな時だからこそ、同じ時間を共有した皆さんのエネルギーから元気をもらえる感覚を再認識できます。


3月のスケジュールをお知らせいたします。

コミュニティクラスは、夜間のみ施設閉鎖のためお休みしていますが、日中は使用できるので、週1回の割合でレッスンを実施しております。

予定通り宣言が解除され、施設が再開された場合、3月の夜ヨガを再開いたします。

ストレッチーズクラスも不定期で再開します。












55回の閲覧2件のコメント