3月夜ヨガクラスについてのお知らせ

東京の緊急事態宣言期間が3月21日まで延長になりました。

それに伴い、コミュニティクラスで使用する施設の夜間閉鎖も延長が決まりました。

残念ながら、

予定しておりました3月17日(水)の夜ヨガリラックスのクラスは中止となります。

昼間のクラスは、予定通り行います。


3月は、寒い冬に終わりを告げ、冬眠していた動物たちは目覚め、草木が芽吹く季節です。

春の陽気に刺激されて私たちの体も新陳代謝が活発になり、冬にため込んだ老廃物を排出しようと内側から活性化する力が働きます。

東洋医学では、春は「肝」に影響が出やすい季節。

西洋医学でいう本来の肝臓の働きの他に、自律神経や目や筋肉、感情や情緒コントロールを司る働きを担っています。

気分は明るくなりますが、肝気が上りすぎると頭痛やのぼせ、めまい、便秘、花粉症、吹き出物、気分が安定しないなどの不調を感じやすい季節でもあります。


この季節の食養生としては、旬で香りや苦みのある野菜を積極的に取り入れることをお勧めします。タケノコや春菊、セロリ、菜の花、ふきのとう、タラの芽、香菜、ねぎ、生姜、大葉など。


3月のヨガクラスは、肝・胆の経絡を刺激するようなポーズを取り入れたプログラムを組んで、皆さまをお待ちしております。







30回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示